【Office10.4】第5回 カスタムアプリのリマインダー通知機能

#追記 2015年10月13日 現在記載されている機能は全て搭載されています。

 

2015年10月リリース版のクラウド版「サイボウズ Office」は、カスタムアプリにリマインダー通知機能が追加されます。

リマインダー通知機能で〆切日をリマインド

リマインダー通知機能とは、カスタムアプリに登録された日付項目に対して、期限を設定して通知できる機能のことです。
たとえば、「イベントの◯◯日前です」という連絡や、「タスク〆切日の△△日前です」という連絡をプロジェクトのメンバーに通知することが可能です。

■活用例:タスク管理アプリで、〆切3日前にリマインド通知する

設定画面で、通知の期限条件や対象になるデータの条件、文言を設定します。
ここでは「〆切3日前」「終わっていないタスク」に対して、「締切の3日前です!お忘れなく!!」というリマインドを設定します。


データが上記で設定した条件に一致すると、リマインダー通知がトップページの最新情報に通知されます。


リマインダー通知機能を使えば、アプリに登録しているデータと日時を紐付けて管理することができます。必要な時に、必要な情報をリマインドすることが可能になります!

リマインダー通知の設定方法

まずは「運用画面(詳細)」の「通知」をクリック。

次に、「リマインダー通知の設定」の、「+追加する」ボタンをクリックします。


1つのアプリに対して5件までリマインダー通知を設定することが可能です。

「バージョン10.4」なら、リマインダー通知を使って、必要な時に、必要な情報を通知する仕組みをつくることができます。新機能の搭載をお楽しみに!

ページトップへ