update

サイボウズ Officeの想いサイボウズ Officeの歴史

サイボウズ Officeが誕生したのは、1997年。販売開始以来、アップデートを重ね、お客様とともに「かんたん便利な機能」を進化させてきました。現在も、時代に合わせた新機能の開発を続けています。

この記事ではサイボウズ Officeのこれまでの歩みをご紹介します。

サイボウズ Office 1

サイボウズ Office 1
サイボウズ Office 1

1997年10月10日発売

ブラウザベースでグループウェアを提供。マウスを使うだけで操作できる直感性も盛り込んだ。日本初のダウンロード販売。

サイボウズ Office 2

サイボウズ Office 2

1998年8月3日

多くのWEBサーバーに対応。機能をコンポート化した個々製品を販売提供。

サイボウズ Office 3

サイボウズ Office 3

1999年9月27日発売

トップページのカスタマイズ対応の他、WEBメールや文書管理、ワークフローの3機能を追加。

サイボウズ Office 4

サイボウズ Office 4

2000年10月30日発売

携帯電話やPDA(携帯情報端末)で利用する専門アプリケーション「サイボウズ ケータイ 4 」を販売。

サイボウズ AG

サイボウズ AG

2002年5月13日発売

企業の運用管理を意識したデータベースの連携機能を強化。

サイボウズ Office 6

サイボウズ Office 6

2003年7月14日発売

直感的に優れたUI「ハーモニー」を採用。検索機能を追加しSSLにも対応。

サイボウズ Office 7

サイボウズ Office 7

2007年11月28日発売

携帯電話から情報を登録できる機能を追加。リモートサービスのリリース、バックアップやシステムログ書き出しを自動化。

サイボウズ Office 8

サイボウズ Office 8

2009年2月2日発売

「デヂエ」と連携を強化し、スマートフォン用アプリ「KUNAI」を提供。

サイボウズ Office 9

サイボウズ Office 9

2011年10月3日発売

業務に合わせたツールを作成する簡易的なデータベース機能「カスタムアプリ」搭載。また、2011年11月21日には、クラウド版サイボウズ Officeの提供を開始しました。

サイボウズ Office 10

サイボウズ Office 10

2013年10月10日発売

ユーザーごとに使いたいアプリを選択できるようになり、社外の人とのコミュニケーションツールとしても使用可能に。

サイボウズ Office 10 リリース以降の新機能はこちら

バックナンバー

この特集をすべてみる
  1. ホーム
  2. 活用マガジン
  3. サイボウズ Officeの歴史

もっと知りたい
サイボウズ Office

  • もっと詳しく製品を知りたい

    セミナー情報
  • 他の企業の活用状況を知りたい

    「サイボウズ Office」導入事例
  • ユーザー同士で情報共有したい

    cybozu community
  • 活用方法を動画で学びたい

    YouTubeチャンネル
  • 情報をイチ早く知りたい

    公式FaceBook
  • Office関連の情報を収集したい

    公式Twitter