【Office10.3】第5回 書式編集に表現方法の追加

#追記 2015年4月13日 現在記載されている機能は全て搭載されています。

 

2015年4月リリース版の「サイボウズ Office 10.3」は、書式編集に新しい表現方法が追加されます。

新しく、見出し語取り消し線箇条書き(番号なしリスト/番号ありリスト)引用文表の表現が追加される予定です。
※システム管理者の設定により機能が利用できない場合は「書式編集」は表示されません。

5-1

新しい書式編集でこうなります

新しい書式編集を駆使すると、こんな掲示板やメッセージを作成できるようになります!
5-2

それでは、新しく追加される表現方法の詳細をご紹介いたします。

見出し語

見出し語を目立たせることができます。
5-3

取り消し線

取り消し線を引けます。
5-4

箇条書き

箇条書きができます。番号なしリストと、番号ありリストがあります。
5-5

引用文

引用文表示ができます。
5-6

表を挿入できます。
5-7

ぜひ書式編集の新しい表現方法をご利用ください。

zaiko_32px (2)

ちょっと難しい・・・「表」の編集方法を少しだけ解説!

バージョン「10.3」がリリースされたらご参考になさってください。
ちょっと難しい。。けど便利!なので、すぐに分からなかったあなたのために(実は、私もそうでした・・)少しだけ解説します。表の編集方法です。

表の編集方法

次の4ステップをマスターすれば、思い通りの表に編集できるようになるはずです!

ステップ1:枠線を編集する

編集対象の表を選択しながら、[表の詳細設定]をクリックします。「一般」の「枠線」に半角で整数を入力します。[OK]をクリックで完了です。「0」のときは枠線がなく、数が大きくなればなるほど、太い線になります。

5-9

ステップ2:表に名前をつける

編集対象の表を選択しながら、[表の詳細設定]をクリックします。「一般」の「表題」にチェックをいれます。[OK]をクリックで完了です。表の上部に表題を入力できるスペースが作成されます。

5-10

ステップ3:下側に行を挿入する

対象の行を選択しながら、[行]>[下側に行を挿入]をクリックします。これで完了です。選択した行の下側に行が行挿入されます。

5-11

ステップ4:セルに背景色をつける

背景色を付けたい対象のセル選択しながら、[セル]>[セルの詳細設定]をクリックします。「背景色」の欄にHTMLカラーコードを入力します。[OK]をクリックで完了です。セルに背景色をつけることができます。

5-12

この4ステップができれば、あとは同じ要領で枠線の色を変更したり、列を追加・削除するなどできます。ご利用の際にご参考になれば幸いです。


次回は「未読一覧」に関する新機能についてご紹介します。どうぞお楽しみに!

zaiko_32px (2)

ページトップへ