【Office10.3】第8回 カスタムアプリのグラフ強化

#追記 2015年4月13日 現在記載されている機能は全て搭載されています。

 

2015年4月リリース版の「サイボウズ Office 10.3」は、カスタムアプリのグラフが強化されます。溜めたデータがまとめやすく、見せやすい「カスタムアプリ」へ進化します。

カスタムアプリは「プレミアムコース」でご利用になれる機能です。 > カスタムアプリの概要

 

カスタムアプリはWebデータベース機能です。溜めたデータをクリック操作だけで簡単に集計できます。 今までは横棒グラフのみの表示パターンでしたが、新しく横棒グラフ縦棒グラフ面グラフ(集合/積み上げ/100%積み上げ)折れ線グラフ円グラフ集計表クロス集計表と、表示パターンが多様化する予定です。

8-1

分類項目は 大/中/小 で、集計方法は10個まで設定可能です。
データの種類や目的に応じて適切なグラフの形を選んで表示させることが可能になります。

溜めたデータを可視化させ、視覚的に共有できます

カスタムアプリで溜めたデータは、トップページのパーツとして追加することや、インライン表示で掲示板やメッセージなどで共有することができます。

トップページのパーツとして表示

例えば、毎日の売上情報など、リアルタイムに数字を追いたいデータをトップページのパーツとして表示させれば、ログインしてすぐに確認することができます。


8-2

掲示板やメッセージなどでインライン表示

例えば、アンケートの集計結果や売上情報を掲示板などでインライン表示させて共有すれば、データをみながら コミュニケーションすることができます。


8-3

ぜひ、カスタムアプリの新しいグラフ集計で様々なデータを可視化させてみて下さい。
カスタムアプリにデータを溜めれば溜めるほど、グループウェアを使ったコミュニケーションが活発になるはずです。

zaiko_32px (2)

グラフの設定方法

バージョン「10.3」がリリースされたらご参考になさってください。グラフの設定方法をご紹介します。

[グラフ設定例]
商品ごとの月別売上推移をグラフに設定します

商品ごとの月別売上推移をグラフに設定する例をご紹介します。
アプリには次の項目があるものとします。
・商品名を入力した項目
・売上額を入力した項目
・売上日を入力した項目

  1. 集計の設定画面で各項目を設定します。
    8-4
    ・集計名
     グラフの名前を入力します。
    ・グラフの種類
     「折れ線グラフ」を選択します。
    ・分類項目
     「大項目」に「売上日」を選択し、「年月で集計」を選択します。
     「中項目」に「商品名」を選択します。
    ・集計方法
     「方法1」に「合計値」を選択し、「売上額」を選択します。
    ・ソート
     「分類する項目」を「昇順」に設定します。

  2. 画面下の[追加する]をクリックします。
    設定した集計条件をアプリに適用すると、次のような集計結果が表示されます。
    8-5

(参考)旧バージョンの集計を設定しているカスタムアプリ

旧バージョンで集計を設定しているカスタムアプリでは、旧バージョンの集計機能と新バージョンの集計機能 を利用できます。ただし、10.2以前で設定した集計は1度削除すると元に戻せないのでご注意ください。

8-6

新機能先行紹介も残すところあと2回となりました。
次回はカスタムアプリに新しく追加される「現在日時を基準にした時間量を出せる項目」についてご紹介します。 お楽しみに!

zaiko_32px (2)

ページトップへ