【Office10.5】第2回 レコード全体への条件書式設定とアクセス権の一括設定

#追記 2016年4月11日 現在記載されている機能は全て搭載されています。

 

2016 年 4 月にリリースされる「サイボウズ Office 10.5」では 主に「カスタムアプリ」の機能追加とシステム設定の改善を行います。

第二回目では、「カスタムアプリ」に追加される 2 つの機能を紹介いたします。

レコード全体への条件書式設定

まずご紹介するのはお客様から 200 件以上もご要望をいただいていた機能です
ご要望いただいていた皆様お待たせいたしました!

最新バージョン「10.5」より、レコード全体に対して条件書式の設定が 可能になり、複数の条件を組み合わせて設定する事も出来るようになります。

 

・今までは「項目」一つ一つに対して条件書式の設定を行なっており、条件も1つの設定につき1つの条件しか設定が出来ませんでした。

・レコード全体に対して複数の条件を組み合わせて、条件書式を設定出来るようになりました。

■活用例

例えば
 条件1:見込ランク A
 条件2:売上見込額 1,000万以上
 の案件が登録された際に、「背景を赤色」にする。ような設定が可能になります。

 キャプチャ1

次に、アクセス権の設定についてご紹介いたします。

「カスタムアプリ」のアクセス権設定で出来ること

「カスタムアプリ」では、アプリやデータ項目毎に「閲覧」「編集」「追加」「削除」の操作に対して、アクセス権を設定する事が出来ます。
部署ごとのグループ単位または、ユーザー個人単位で設定出来ます。

最新バージョン「10.5」で出来るようになること

最新バージョン「10.5」では、以下のアクセス権設定画面にてアクセス権を一括設定
することが出来るようになります。

 ○一括設定出来る画面項目
 ・「項目」
 ・「ビュー(一覧)」
 ・「ビュー(詳細)」
 ・「絞り込み」

・従来のバージョンでは、例えば「項目」に対してアクセス権を設定する際、同じアクセス権の内容であっても項目一つ一つに設定を行う必要がありました。

・バージョン「10.5」からはアクセス権の内容が同じ場合、設定したい複数の項目に対して一括でアクセス権を設定する事が出来ます。

 

キャプチャ2

 

「カスタムアプリ」では様々なデータをユーザーの皆様と共有する事が出来ます。
ただし、重要な情報に関しては「アクセス権」の設定を付けて、社内の情報資産の
管理を行なってください。

ページトップへ