2020年11月リリース版の新機能紹介

2020年11月8日のアップデートでは、カスタムアプリを快適に利用できるようになる2つの新機能を搭載します。

カレンダー形式のビューでソート

カレンダー形式の一覧ビューで、ソートができるようになりました。同じ日付のレコードが多いときに、優先度順や担当者別など、使いやすい並び順で表示できます。

newfunction_202011_facility@2x.png

カレンダー形式のビュー「キーになる日付項目」と同じ項目を「ソート条件1」に入れたソートの設定で、「ソート条件2」以降が設定されていると利用できます。

newfunction_202011_facility - 2@2x.png

ルックアップでデータを取得したときに画面の表示位置が変わらない

これまで、ルックアップでデータを取得すると登録画面の上部に移動していました。今回のアップデートで、ルックアップでデータを取得したあとも、画面の表示位置が変更されなくなりました。 ルックアップを利用するときに、スムーズにデータを登録できます。

newfunction_202011_scroll@2x.png

※その他の変更点は、アップデート履歴をご覧ください
※今回搭載された機能は、クラウド版のみの新機能です

ページトップへ