Office 10 パッケージ版 バージョン 10.4.0 における変更点(2015年10月13日)

今回追加された機能

全般
  • 次のアプリケーションに、スマートフォンに最適化した画面を表示する「モバイル表示」機能。
    ・スケジュール
    ・メール
    ・メッセージ
    ・掲示板
    ・ワークフロー
  • モバイル表示で、人の書き込みに対して手軽に返事や意思表示をする機能。
  • 次の画面で、固定リンクを表示する機能。
    ・予定の詳細画面
    ・メッセージの詳細画面
    ・掲示の詳細画面
    ・ファイル管理の一覧、およびファイルの詳細画面
    ・報告書の詳細画面
    ・プロジェクトの掲示の詳細画面
    ・カスタムアプリのレコードの詳細画面
  • ヘッダーのユーザーメニューから「デザインの変更」画面に遷移するリンク。
メール
  • 署名の挿入位置に「引用文の前」または「メール本文の末尾」のどちらかを指定する機能。
スケジュール
  • 予定に対して手軽に返事や意思表示する機能。
  • 施設情報にファイルを添付する機能。
ファイル管理
  • 検索結果画面で、プレビュー表示する機能。
アドレス帳
  • 運用管理者が、人名、および会社データを1件ずつ削除する機能。
ワークフロー
  • 空欄の「日付」項目を登録可能にする機能。
カスタムアプリ
  • 更新通知の設定で、通知先にユーザー選択項目を指定可能にする機能。
  • 更新通知の設定で、「トップページでの通知先」を宛先指定として設定可能にする機能。
  • 最初に表示する画面に集計を設定する機能。
  • 最初に選択される集計を設定する機能。
  • 次の表示形式のビュー(一覧)で、「文字列(複数行)」項目の書式を有効にする機能。
    ・レコード一覧形式
    ・カレンダー形式
    ・カテゴリ形式
  • 「チェックボックスリスト」のメニュー項目を縦に並べる機能。
  • 「期間計算(現在日時)」で「秒」を含まない単位の場合に、計算結果を切り上げ表示するかどうかを選択する機能。

今回変更された仕様

全般
  • 添付ファイルの表示でMIMEタイプを表示しないように変更。
  • CSVファイルから読み込み可能なレコードの上限値を10万行に変更。
  • 次の操作での通知を、宛先指定された通知として扱うように変更。
    ・予定の登録、変更、および削除
    ・メッセージの新規作成および既存メッセージへの宛先追加
    ・電話メモの登録
    ・ワークフローの「承認」、「決裁」、「確認」、および「差し戻し」処理の割り当て
  • 次のアプリケーションで、インライン表示用のURLが有効になるように変更。
    ・カスタムアプリ
     ・アプリのメモ
     ・レコードのコメント
    ・アドレス帳
     ・個人情報のメモ
     ・入力タイプが「文字列(複数行)」の項目
メール
  • [ソースを表示する]をクリックすると、メールソースをダウンロードするように変更。
カスタムアプリ
  • 項目名、レコード値、およびコメントの書式設定で、背景と文字に指定できる色を変更。

今回改修された不具合

全般
  • リモートサービス経由で利用する場合、書式編集のメニューボタンの表示が不正になる。[詳細]
  • 文字コードをシフトJISに設定してデータをCSVファイルに書き出すと、特定の記号が正しく表示されない。[詳細]
  • [Google Chromeの現象]データを登録したあとに、BackspaceキーまたはWebブラウザーの[戻る]ボタンをクリックすると、データが二重に登録される場合がある。[詳細]
  • 書式編集で「左寄せ」または「右寄せ」に配置した表を挿入すると、リンク、表、および文字列の表示位置が不正になる場合がある。[詳細]
  • 書式編集のハイパーリンクで「\\server\file」の形式のURLを指定すると、URLが自動補完される。[詳細]
システム設定
  • CSVファイルからユーザーを追加すると、文字コードの指定が無効になる場合がある。[詳細]
トップページ
  • 既読一覧で、予定の削除通知をクリックして「予定の詳細」画面を表示すると、予定の内容が空白で表示されたり別の予定の内容が表示されたりする場合がある。[詳細]
メール
  • HTMLメールをプレビュー表示すると、ヘッダー情報の一部が隠れる場合がある。[詳細]
  • 属性名に使用できない文字がHTMLメールに含まれていると、HTMLの解析に失敗する場合がある。[詳細]
  • HTMLメールの印刷用画面に、データ変更の警告メッセージが表示される。[詳細]
  • ごみ箱機能が無効である場合に、[ごみ箱を空にする]をクリックすると、削除対象が[受信箱]になる。[詳細]
  • [Windows 8の現象]サイボウズ Officeのメールサーバーに、Gmailのサーバー情報を登録できない。[詳細]
  • プレビュー表示で、[まとめて移動する]のドロップダウンリストに、上位のフォルダ名が表示されない場合がある。[詳細]
スケジュール
  • [iOS Safari/Android Chromeの現象]「V-CUBE ミーティング 4」を起動できない。[詳細]
ファイル管理
  • [Internet Explorerの現象]大量のファイルを一括ダウンロードできない。[詳細]
  • ファイルを一括移動すると、一部のファイルでバージョン管理の設定が保持されない。[詳細]
ワークフロー
  • 申請を下書きするに保存すると、数値項目に「,」(半角カンマ)が表示されない。[詳細]
カスタムアプリ
  • [Internet Explorer 11の現象]カスタムアプリでメール読み込みを実行すると「読み込まれたメールはありません。」と表示される。[詳細]
  • ファイルの絶対パスに全角文字を含むと、コマンドラインでカスタムアプリのCSVファイルを書き出せない場合がある。[詳細]
  • レコードの検索結果画面で、アプリの運用管理者が追加したソートを実行すると、「レコード番号/降順」でソートされる。[詳細]
  • ソート順を「更新日時」に変更したあと、「レコードの詳細」画面を表示して[先頭へ]をクリックすると、エラーが発生する場合がある。[詳細]
  • レコードの詳細画面でイメージURLの画像をクリックすると、Lightboxのタイトルが「notitle」と表示される。[詳細]
  • 処理者に複数のユーザーを指定すると、501エラーが発生し、レコードを登録できない場合がある。[詳細]
  • 自動ルックアップ項目で取得した内容が、CSVファイルに書き出されない場合がある。[詳細]
  • ログインユーザーで絞り込むと、レコードをCSVファイルに書き出せない。[詳細]
ケータイ
  • 「期間計算(現在日時)」項目の計算結果が「0」の場合、レコードの詳細画面で「設定を確認してください」と表示される。[詳細]
サイボウズ KUNAI
  • KUNAIでデータを登録したあとに、前の画面に戻ると、データが二重に登録される場合がある。[詳細]

今回対応された脆弱性

深刻度(Critical、High、Medium、Low)は、CVSS基本値を基にレベル分けされています。
詳細は、次のWebサイトを参照してください。
https://www.ipa.go.jp/security/vuln/CVSSv3.html

Critical(緊急)

該当なし

High(重要)

該当なし

Medium(警告)

【システム設定】
・[CyVDB-858]CGI環境変数の表示ページに関する情報漏えいの脆弱性

ページトップへ