Office 10 パッケージ版 バージョン 10.5.0 における変更点(2016年04月11日)

今回追加された機能

全般
  • 返信元のコメントでの宛先を再利用して指定する機能。
  • モバイル表示で、コメントの宛先指定を表示する機能。
システム設定
  • ユーザーごとにメールの利用状況を表示する機能。
メール
  • フラグを設定する機能。
スケジュール
  • コメント番号を付与して、特定のコメントへのリンクを生成する機能。
  • コメント書き込み時に複数のファイルを添付する機能。
  • コメントに対して手軽に返事や意思表示する機能。
  • コメント書き込み時に通知の宛先を指定する機能。
  • モバイル表示で、人の書き込みに対して手軽に返事や意思表示をする機能。
  • モバイル表示で、コメントにファイルを添付する機能。
  • モバイル表示で、コメント番号を付与する機能。
ファイル管理
  • システム管理者がフォルダごとに更新通知を設定する機能。
プロジェクト
  • システム管理者がプロジェクトの運用管理者を変更する機能。
カスタムアプリ
  • 集計のグラフで、分類に該当するレコードを一覧表示する機能。
  • 「チェックボックスリスト」項目を集計する機能。
  • 「日付」および「日付時刻」項目のドロップダウンリストで、年の選択範囲を指定する機能。
  • ビュー(一覧)で、レコード全体に条件書式を設定する機能。
  • 次の設定で、アクセス権を一括設定する機能。
    ・項目
    ・ビュー(一覧)
    ・ビュー(詳細・登録)
    ・絞り込み
  • スマートフォンやタブレット端末向けの表示で、コメントに返信する機能。
  • スマートフォンやタブレット端末向けの表示で、レコードのコメントに対して手軽に返事や意思表示をする機能。

今回変更された仕様

カスタムアプリ
  • 「アクセス権の変更(項目)」画面で、[設定する]をクリックすると、アクセス権の設定が反映されるように変更。
  • スマートフォンやタブレット端末向けの表示で、レコードの詳細画面にコメントを全件表示するように変更。
  • スマートフォンやタブレット端末向けの表示のデザインを変更。

今回改修された不具合

全般
  • コメントの[返信する]をクリックすると、コメント欄に[>nullを引用する]と表示される場合がある。[詳細]
  • 書式編集のカラーピッカーで[×](カラーなし)を選択しても、文字の色や背景色が破棄されない。[詳細]
  • ポップアップで表示されたコメントが、ドラッグアンドドロップで移動できない。[詳細]
トップページ
  • 未読の予定にコメントを書き込むと、既読一覧の表示や、最新情報パーツのお知らせ欄の「宛先指定された通知」の件数が不正になる。[詳細]
  • 未読一覧で「@自分」タブを選択し、スケジュールの通知をクリックして既読にすると、既読一覧の「すべて」に履歴が作成されない。[詳細]
メール
  • [全員に返信する]をクリックすると、CC欄が空になる場合がある。[詳細]
スケジュール
  • 予定のコメントが削除されると、未読一覧の自分宛ての通知に「予定の登録」または「予定の変更」の通知が表示される場合がある。[詳細]
掲示板
  • 「掲示の詳細」画面をモバイル表示で確認すると、あとから読み込まれたコメントにリアクションできない。[詳細]
ワークフロー
  • ワークフローの詳細検索で、検索結果を表示したあと「検索条件」タブをクリックすると、検索条件の一部が保持されない場合がある。[詳細]
  • 申請フォームの設定で、経路を追加または順番変更したあと、再申請すると、差し戻し前の結果が残る場合がある。[詳細]
プロジェクト
  • プロジェクトの「掲示の追加」画面のドロップダウンリストでMyグループを選択しても、選択候補にMyグループに所属するユーザーが表示されない。[詳細]
カスタムアプリ
  • 「文字列(複数行)」項目の設定で、「再利用時に使用する」を無効にしても、書式編集を使用すると「文字列(複数行)」項目の内容が再利用される。[詳細]
  • 「文字列(複数行)」項目の設定で、「再利用時に使用する」を無効にしても、KUNAIでレコードを再利用すると「文字列(複数行)」項目の内容が再利用される。[詳細]
  • 「レコードの処理」画面を表示すると、コメント一覧で「集計」画面がインライン表示されない場合がある。[詳細]
  • KUNAIでレコードを登録する際に、「文字列(複数行)」項目の初期値が表示されない。[詳細]
  • リレーションの設定で「関連づける項目」に「カウントボタン」項目を設定できる。[詳細]
  • 「レコード一覧」画面で、件数送りをしたり、画面を更新したりすると、先頭行の固定を解除した設定が保持されない。[詳細]
  • [Microsoft Edgeの現象]「メニュー(ユーザー)」項目の入力欄以外の箇所をクリックすると、ユーザーを選択していない状態になる。[詳細]

今回改修された脆弱性

深刻度(Critical、High、Medium、Low)は、CVSS基本値を基にレベル分けされています。
詳細は、次のWebサイトを参照してください。 https://www.ipa.go.jp/security/vuln/CVSSv3.html

Critical(緊急)

該当なし

High(重要)

該当なし

Medium(警告)

【システム設定】
・[CyVDB-858]CGI環境変数の表示ページに関する情報漏えいの脆弱性

Low(注意)

該当なし

ページトップへ